クールストア

横浜でsince1950年 株式会社高野商店
  • 0453220846
  • お問い合わせ

R-443aの入れ替えを勧められました、大丈夫なの?! R443aのデメリット!

Q: 使用可能な旧型エアコン・冷凍機器更新の際に、20%の省エネができるとR-443aの入れ替えを勧められましたが、これって大丈夫ですか?

A: 物事にはメリットとデメリットがあります。 取扱い業者のチラシを見てみると「メリット」しか書かれていないのが残念ですね。 きちんと、デメリットも説明し、納得したうえで物事を行えば、クレームや事故を未然に防ぐことができ、それが取扱業者のメリットにもなるのですが。。。。

 さて、R-443aのデメリットについてはご理解されていますか? デメリットの大きな要因は『可燃性』であることです。

成分が、プロピレン55%(±2.0%) プロパン40%(±2.0%) イソブタン5%(±1.2%)のガスです。 可燃性なので溶接工事ができません。 

 設備工事店がR-443aを充填したのならば、お客様にも充分にそのことを伝えておかないと、修理等で他の業者が呼ばれた時に、他の業者は知らないで、火を使う「ガス漏れ検知器」や、「溶接機」などを使用した時、また、電動工具のモーターなどからの火花などで大きな事故に繋がることが考えられます。 また、改造したエアコンについては、メーカーの保証は受けられません。

 そういう特性のあるガスなので、当店では取り扱っておりません。

R443aセールスチラシ.jpg

ダイキン工業が注意勧告を行っております:http://www.daikin.co.jp/taisetsu/2013/130517/index.html

!!指定以外の冷媒は使わない.jpg

追記:2015年11月 他社がR22を使用していたエアコンにR443aを充填し故障したエアコンからR443aを抜き取る作業を行いました。 記事はこちらから:http://www.coolstore.jp/aircon/r443a.php

追記:2016年1月 神奈川県安全防災局安全防災部 工業保安課 では、『可燃性ガスへの切替』について勧誘があった時は『安全防災部』に通報して欲しいと1月27日に行われた『神奈川県冷凍空調設備協同組合総会』で課長が発言している。

  • クールストア通信館
  • メガストア 楽天館
  • メガストア Amazon館
  • セール