クールストア

横浜でsince1950年 株式会社高野商店
  • 0453220846
  • お問い合わせ

エアコンの取り外しの見積もりについて・・・ 

 引っ越しのシーズンになりました。 「エアコンを取り外してまた付けたい」という相談の電話が入ります。 「いくらでできますか?」という問いに、当店は残念ながら即答ができません。

なぜ、即答できないのか? 読んで納得していただけると嬉しいです。

まず、一般家庭用の壁掛けなのか? 天井埋め込み型なのか? これによって金額が大きく異なります。 

(引っ越しを例に挙げたので) ここでは、一般的な家庭用の壁掛けタイプだとしましょう。

室外機はどこにありますか? 

1階の地面、2階のベランダ、3階以上のベランダ? ベランダの床置き? 天井から吊ってあるタイプ?・・・屋上?平坦な屋根の上、傾斜屋根の上?、低位置の壁面、高位置の壁面??・・・室外機のある場所によっては、脚立などの足場や人手が必要になります。 金額も違ってきます。

エアコンの機種はなんですか?

お掃除機能付? 換気機能付? うるるとさらら? 機種によって手間がかかるものがあります。

 

再取付の見積もりも、ケースbyケースです。

新たな配管を足すこともあります。 

室外機を乗せるのがプラ足からエアコン架台になることもあります。 

冷媒ガスを補充することもあります。

室内機も洋室から和室に変更なんていう時は、取り付け用の桟が必要になることがあります。

お電話から現状が把握できないとお見積りができません。

 本当は、外す場所と、取り付ける場所を見てからお見積りを出したいのですが・・そうも言ってはいられません。 

そこで、 「前見積もりよりも高くつくことがありますよ」 とお話しをさせていただきます。 

 お見積りした金額よりも、たて桟や架台を使い、配管を伸ばしたために、実際にかかった金額が倍近くなったこともあります。 

中には「だまされた」と思われる方も・・・

 どの業界にも「悪徳業者」はいるものですが・・・エアコンの取り付け、取り外しの場合は「誤解」が多いので、お互い納得できるまで話合ってから、依頼することをお勧めします。 メールなどを使って、写真を送るのも誤解を防ぐ方法かもしれませんね。


 業者によってはトラブルを避けるために、複雑なものは全て断るところも出てきています。

 「外すのは自分たちでやります」と言われる方も増えました。 エアコン内のガスが漏れないように、感電しないように、手順を守ってやりましょう。 慣れない作業なので怪我をしないように充分に注意してくださいね。(ユーチューブの動画サイトに手順がUPされています)

一言アドバイス: 決して無理をしないこと・・・業者にお願いするのが一番です!!

 

s-エアコンの取り外し.jpg

 外したエアコンを破棄する場合は、中の冷媒ガスを回収して破壊しなければなりません。 このフロンガス回収と破壊処理は有料です。 下取りをしてくれる販売店、中古品を買い取ってくれる業者、無料で引き取ってくれる業者もいますのでご相談するといいでしょう。

 とにかく、ご自宅近くの地元の業者にお願いするのが一番です。友人や知人に紹介してもらうのもいいでしょう。 地元で仕事をするためには、信頼される業者でなければならないからです。

  

 

 

 

 

  • クールストア通信館
  • メガストア 楽天館
  • メガストア Amazon館
  • セール